成果を出す空間作り

パーテーション

人並みはずれた成果を出せる人には、常にできることに集中してよい結果を引き出す力を持っているといわれています。まずいのは人の話が聞こえてくることで集中力を欠いたり、否定的な言葉が飛び交ってしまうと回りまで影響を及ぼすことも少なくありません。不動産でオフィスビルを借りる場合には、オープンオフィスとして開放感がある空間で仕事をすることがベストだと感じる経営者も多くいます。しかしコミュニケーションが取れやすいのを防ぎ、集中力を上げるための方法としてパーテーションを利用した空間作りをしておく必要があります。ひとつパーテーションがあることによって、自分が集中できる空間を作り出すことができますし、何よりも成果を出すことに意識がいくことは大きなメリットです。

安心感をもつことができる

パーテーション

ビジネスオフィスで重宝されるパーテーションは完全に個室を作り出すのではなく、パソコンなどの作業をやっているときに集中ができて、デスクから絶てば周りを見渡せる安心感をもてます。そのためにパーテーションの高さを考えると、立ち上がったときに周りが見渡せるくらいの高さのものを、オフィスでは置いておくことがベストです。パソコン作業をしているとあっという間に時間が過ぎてしまいますが、一度作業に躓いてしまうと人からの助けが必要なときもあります。そんなときに周りにいる人に助けてもらうことができるのも、オープンオフィスのいいところでもあり、またパーテーションがあることでプライベート空間を作る秘訣でもあります。仕事に対してもフォーカスすることができるために仕事効率も上がり、それでいてチームとしての仕事もできるので可能性が広がっているのでメリットがたくさんです。

半透明は人気があります

パーテーション

仕事効率を上げるためのオフィスで上手に使いたいパーテーションには、やはり使ってみてわかる半透明になっているものが人気があります。なぜ半透明のパーテーションが人気なのかというと、それは半透明になっていることで人の動きや話しをしている状況が分かる点にあります。オフィスで騒音となって聞こえてくるものは人間の反応として、わからない音には雑音に聞こえたりすることがわかっています。つまり完全に仕切られていて誰がいるのかわからない状態での話し声は集中力を削減しますが、半透明になって誰か人がいるとわかっている状況では集中力が途切れないということがいえます。そのことからオフィスで使われているパーテーションでは、半透明が人気があり不動産物件でもオープンスペースでもかなり効率が高くなるといえます。

広告募集中